2022年5月1日 東京国際音楽祭出演しました。

(132 views)

蒲田にある大田区総合体育館で開催された、東京国際音楽祭 大編成バンドの祭典に参加して来ました。

ビッグバンドジャズ主体の音楽祭なのに確信犯的にまずは、軍艦マーチ。それでも2曲目は主催者の一人である羽田野直彦さん編曲のドレミの歌ジャズアレンジを演奏しラストはルパン3世でした。

短い時間でしたが、久々の観客の前での演奏楽しんできました。

自分達の演奏後には、出演者用チケットで3時まで聴いてきました。ヴォーカル入りのプロのビッグバンドの演奏を含め…十分に楽しんできました。

演奏の様子はライブ配信されていましたが、アーカイブとして各団体ごとに演奏がアップされていましたので、下のリンク先で市吹の演奏をお楽しみください。

東京国際音楽祭横須賀市民吹奏楽団の演奏

演奏前のスナップと他団体の演奏写真です。

2022年4月23日 田中麻樹子さん聴いてきました。

(34 views)

横須賀市民吹奏楽団の木管講師であり、2月の演奏会でも 日本民謡による狂詩曲 を演奏していただいたSAX奏者の田中麻樹子さんが、横須賀でピアノとのデュオコンサートを開催すると言うことで、練習前の午後に聴きにいってきました。

会場は馬堀海岸の喫茶店スペース&カフェ モントンです。店主自らもピアノ演奏を披露することもありますが、今回の田中麻樹子さんのお相手は作曲家編曲者でもある内田祥子さんでした。

コロナ禍の影響で2度も延期になる3度目の正直でに開催でした。

こじんまりと20人程度の聴衆の目の前での演奏、贅沢な時間とも言えます。曲目も喫茶店に因んだ 二人でお茶を やピアソラのカフェ1930 、タンゴのジェラシーなど馴染みのある曲やピアノの内田さん作曲の曲などバラエティ豊かに美しい音色と華麗なテクニックを聴かせていただきました。

 

夜の市吹の練習では、間近に迫った東京国際音楽祭の指揮をお願いしている山科綾さんのご指導で、当日演奏する曲とコンクールの課題曲の練習をしました。業界裏話的な情報を交えた楽しい練習でした。

2022年3月19日 もうすぐ新年度団員募集中です。

(192 views)

こちらの団員日誌、演奏会以降ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。

まずは、演奏会から1曲サックスソロをフィーチャーした「日本民謡による狂詩曲 サックスソロ 田中麻樹子」をお聴きください♪映像をお楽しみいただくには、当団の公式YouTubeチャンネルから。

日本民謡による狂詩曲

音質重視の方は、田中麻樹子さんのYouTubeチャンネル音源のみをお楽しみください。

日本民謡による狂詩曲

さて、4月も近付き、高校を卒業して吹奏楽を続ける場所を探している方、あるいは転勤で横須賀に来る予定の方で吹奏楽団を探している方いらっしゃるかと思います。是非、私たちと一緒に楽器を演奏しませんか?

各パート募集中ですが、今日の練習風景見ていただくと分かると思いますが、4列あるはずの3列目が誰もいません。ホルンで実質活動しているのが1名、ユーフォニアム は在団しているのが1名と急募パートとなっています。

かく言う私がユーフォニアム 担当で、創設時からいる最長老の団員です。若い相棒お待ちしています。

今後の活動予定は、5月1日に大田区総合体育館で開催される東京国際音楽祭への出演。8月の吹奏楽コンクール参加などです。

是非、一緒に音楽を楽しみましょう!

2022年2月13日 無観客演奏会無事に終了しました。

(220 views)

昨年、コロナ禍により開催中止になった定期演奏会でしたが、今回は無観客ではありましたが無事に開催することができました。ありがとうございました。

個人的には、よく東京まで満席のライブやミュージカルに出かけているので、いまだ無観客での開催には納得できない部分はあります。お客様の前で演奏したかったと言う思いも強くありましたが、やはり、久しぶりに舞台の上で演奏できたことは、とても嬉しかったです。

演奏については、後日Youtubeにアップする予定ですが、まずは写真をご覧ください。

演奏会には、打ち上げが必須だと思っています。新しいメンバーも多く色々と音楽の話しや普段の生活などについても話しをして交流を深めたいのですが、今の時期はそれもかないません。

指揮者の松尾朗さんを囲んで、ごく少数で打ち上げをしました。

早く多くのお客様の前で演奏したり、終わってからみんなで楽しく打ち上げができるようになることを祈っています。

2022年2月12日 いよいよ明日無観客にて開催

(109 views)

いよいよ明日2月13日、はまゆう会館で横須賀市民吹奏楽団の定期演奏会を開催します。

昨年はコロナ禍の影響で中止になったため、2年振りの開催になります。当初は本当に久しぶりに皆さんの前で演奏ができることを楽しみにしていましたが、オミクロン株による感染者の急増を受けて、感染拡大の予防のため無観客にて開催することになりました。自分達にとっても皆さんにとっても残念でなりません。

明日、直接会場に来られる方もいらっしゃることが想定されるので、入り口に貼る掲示物を準備しました。

練習は、今日の夜と明日の午前中の2回あり、午後2時から本番となります。会場に来ることが叶わない皆さんに届くよう2回の練習に励み、本番では精一杯の演奏ができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

2月13日の演奏会無観客開催になります。

(153 views)

自分達にとっても、皆さんの前で演奏できることを楽しみに練習してきましたが、この度のオミクロン株による感染者急増を受けて、2月13日の演奏会は無観客で開催することになりました。

私たちの演奏を楽しみにして心待ちにしていただいた皆様には、申し訳ない気持ちで一杯です。早く、このコロナ禍が収まることを祈るばかりです。

 

そんな中、1月29日の練習には、今回アルトサックスのソロをお願いしているプロ奏者 田中麻樹子さんとの初合わせでした。皆さんよくご存知の民謡をメドレーにした曲なので、是非その素晴らしい音色を味わっていただきたかったので、本当に残念でなりません。

あとは、会場に来ることができない皆さんに届くよう精一杯の演奏ができるよう残り2回の練習に励むのみです。

2022年1月22日またもやまん延防止措置始まりました。

(94 views)

年が明けて3度目の練習も、松尾朗先生に来ていただきました。

コロナウィルスのオミクロン株による感染者の急増を受けて、神奈川県でもまん防がまた、始まりました。はまゆう会館は今のところこれまでどおり使わせてもらっていますが、飲食店の閉店時間が早まったため、練習前に食事をしてから行きました。

個人的に練習後には、練習後にお邪魔してワインと美味しい料理を楽しんでいる汐入のAMORさんに行けないのは寂しいです。

2022年1月8日練習初めでした

(80 views)

皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

2月13日の演奏会を間近に控え、2022年最初の練習は演奏会での指揮をお願いしている松尾朗先生のご指導でした。

久しぶりに打楽器も入りフルートの見学者もいて、さらには団で購入したばかりのバスクラリネットとバリトンサックスも初の音出しと充実した練習になりました。

2021年練習納め9人でした。

(86 views)

2021年の練習納めは12月25日にホームグラウンドとも言える衣笠のはまゆう会館で行われました。

クリスマス?年末?のせいか、練習参加団員はわずか9人でした。内訳はクラリネット3、バス・クラリネット1、アルトサックス1、トランペット1、トロンボーン2、ユーフォニアム 1でした。。

参加人数が少ない時の合奏は、輪になって行います。2月13日に演奏会を控えていることを考えると、少しでも多く練習したいので、少人数ながらも普段あまり練習していない曲もさらいました。先週練習を休んで行った箱根のお土産のお菓子も2つずつ配っても当然のように余ってしまいました。

2022年は、オミクロン株とかで、どのような状況になっていくのかはわかりませんが、皆んなで演奏してお客様に楽しんでいただけることを祈って2021年の練習納めを終えました。

写真は、先週行った箱根の成川美術館からの富士山と芦ノ湖です。

2021年12月11日 今日は見学者2名でした。

(142 views)

12月と言うこともあるのか、なかなか出席率が上がらない中、2名の方が楽器持参で見学に来ていただきました。

そのうちのアルトサックスに方は、楽器を吹くのも久しぶりと言うことでした。

普段ならサックスの人数多く、団員に隠れて吹けるところだけ吹けばいいのに、今日はアルトサックスの団員はお休み。見学の方は、怖がってか遠慮なく音を出すのをためらっているようでした。

次に来る時には、団員が揃っている時に来ていただき、入団されることをお祈りしています。

まだまだ団員募集中なので、ぜひ問い合わせフォームからご連絡ください。

 

2021年12月4日空気の入れ替え寒いです

(97 views)

12月に入って師走と言うこともあるのか、出席率今一つ悪いです。

2月13日に演奏会を控え、個人的には全然楽譜を読めていないので、焦りも感じています。(でも、個人練習もしません(笑))

コロナの感染予防で途中、外につながっているドアを開けますが、さすがにかなり寒くなります。少し密になっても、もっと沢山練習に参加してくれれば、もう少し暖かくなるのかな?

今日の指揮は、団指揮者でサンドウィッチマン伊達さんソックリさんでした。最近メディアに呼ばれることが多く、次の日もテレビ局での収録があるとのことで、お弁当が出るのか心配していました。

2021年11月27日 前田講師合奏

(124 views)

団指揮のチューバ奏者が欠席とのことで合奏指導をお願いされたはずなのに、何故か団指揮者がいる。

前田講師は後輩当たるため、団指揮者もその音楽性を十分に認めながらも、その扱いはある意味好き放題?

次の演奏会とコンクールで演奏予定の曲では、楽器を鳴らすだけではなく、より良い演奏のための練習については、自分には向いていない直前までの練習は 任せて本番は自分が振るとのお言葉。まるでジャイアンみたいですね。

そんなで、笑いがたくさんの練習となりました。

久しぶりにフルートも入って充実した練習でした。