「団員日誌」カテゴリーアーカイブ

2021年11月27日 前田講師合奏

(155 views)

団指揮のチューバ奏者が欠席とのことで合奏指導をお願いされたはずなのに、何故か団指揮者がいる。

前田講師は後輩当たるため、団指揮者もその音楽性を十分に認めながらも、その扱いはある意味好き放題?

次の演奏会とコンクールで演奏予定の曲では、楽器を鳴らすだけではなく、より良い演奏のための練習については、自分には向いていない直前までの練習は 任せて本番は自分が振るとのお言葉。まるでジャイアンみたいですね。

そんなで、笑いがたくさんの練習となりました。

久しぶりにフルートも入って充実した練習でした。

2021年11月21日団でバスクラ買いました

(122 views)

団運営から、突然バスクラ買ったので日誌で紹介しておいてと写真と共に連絡ありました。

何か中古の掘り出し物が出ていたので、急遽購入したとのことです。

バスクラ個人持ちの団員はもちろんいますが、仕事が忙しすぎて普段の練習には参加できるけど日曜日の本番に出られることは奇跡に近いと言う有り様です。

その対策かどうかは聞いていませんが、バスクラ吹きたいけど楽器がないと言うあなた!是非入団して一緒に楽器を吹きませんか?

今日の練習も参加人数少なめで、輪になって練習しました。

 


続きを読む 2021年11月21日団でバスクラ買いました

2021年11月6日久しぶりのはまゆう会館リハーサル室

(198 views)

コミュニティセンターよりも広く使えるはまゆう会館リハーサル室ですが、何故か、コロナ禍による緊急事態宣言等の期間中の利用人数がコミュニティセンターよりも少なく設定されていました。

緊急事態宣言の解除に伴い、やっと練習に使えるようになりました。昨年の3月以来ですから、本当に久しぶりです。はまゆう会館がオープンした1983年10月から、市吹の練習会場として長きにわたって使わしていただいているので、私がここで練習した回数は1,000回を超えているのではと思います。

コミュニティセンターに比べて駐車場が少ないと言う難点がありますが、10時閉館なので9時30分過ぎまで練習ができると言うよい部分もあるので、仕事で遅くなってもある程度練習に参加できます。久しぶりの長時間の合奏で疲れたと言った声も聞こえてきました。

 

 

 

2021年10月30日練習後にワイン飲んで帰れるようになりました。

(95 views)

今日は、衣笠コミセンでの練習でした。衆議院議員選挙の期日前投票で駐車場が混むかと思いましたが、それほどでもなかったようです。

私は公共交通機関を利用しているので、練習が終わってから食事とワインを飲むことを楽しみにしています。

コロナ禍による緊急事態宣言等の影響で、n練習がなかったり、飲食店が閉まっていたり時短営業だったりで、それができない状況が続いていましたが、やっと今週から練習後に飲食して帰ることができるようになりました。

早速、いつものスペイン料理のAMORさんに行ってきました。

タコのカルパッチョ、鶏のパエリャとマスターおまかせの赤ワインでした。

陽性者がまた増えないことを願っています。

練習では、自らクラリネットからオーボエにコンバートした団員が、頑張ってメロディを吹いていました。これから、どんどん上手になっていくことと思います。

各パート団員募集中です。

 

2021年10月23日宇津木先生合奏

(118 views)

今日は、いつもの団指揮が沖縄バカンス中のため、ユーフォニアム 奏者の宇津木先生による合奏でした。

何の曲の練習をするのか告げられずに、指導に行くよう頼まれたそうでかなり困惑されているようでした。

新規見学者や、クラリネットの団員の友人もゲストとして加わり、ドラゴンクエストの曲、来年コンクール用の曲、2月の演奏会で予定しているサキソフォンソロの曲を指導していただきました。

2月と言えばもうそんな先でもないのに、ほぼ初見状態でしたが、どうにか曲を通すことができました。

本番までには、形になるようがんばります。

まだまだ、団員募集中です。

 

 

 

2021年10月16日手嶌葵行ってました。

(86 views)

今日も市吹は衣笠コミュニティセンターで練習がありましたが、私は練習お休みしました。

デビュー15周年ツアー中の手嶌葵さんが地元横須賀に来るとのことで、デビュー当時からのファンなので、ベイサイドポケットに聴きに行ってきました。

終わったのが4時半近くだったので、その気になれば当然練習には行けたのですが、緊急事態宣言明けで時短営業を再開した、いつもは練習後に行っているスペイン・バルのamorで半年ぶりにワインを飲んで食事をしていました。

と言うことで、練習風景の写真は、先週の大津コミュニティセンターでのものです。

 

2021年10月2日練習再開しました。

(78 views)

緊急事態宣言に伴い、利用を休止していた市の施設が再開され、市吹もコンクール以来約2か月ぶりの合奏でした。

休みの間に一度も楽器触っていない人いますか?と問われ、私以外にも何人も手を上げていました。


来年2月に予定している演奏会のための曲を練習しましたが、音を出してみて、これはやめら方がいいのでは?と言う曲もあり、まだまだ曲目の確定は先のようです。

2021年9月28日今週から練習再開します!

(153 views)

先週9月22日に、横須賀市長から休止施設の一部再開についてアナウンスがありました。いつも練習に使っているコミュニティセンターやはまゆう会館が、ようやく昨日から利用できるようになりました。

今週10月2日から、コンクールから約2か月ぶりの練習です。みんなワクチン接種は終わったかな?練習何人集まるかな?楽しみです。

早速、見学者も来てくれるようです。市吹では、全パートいつでも募集中です。見学希望者は、このホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。

全然関係ありませんが、2枚の楽器の写真は私のドイツ式テナーホーンとユーフォニアム です。手入れしていないので、今度の練習ではピストン動かないのではと思います。

テナーホーンの方はケース開けてもいないので、ロータリー動くのでしょうか?たまには使ってあげないと…

 

2021年9月15日昔の資料出てきました。

(256 views)

8月8日のコンクールから1月以上経ち、コロナウィルスに係る緊急事態宣言も9月末まで延長され、いつ練習が再開されるかまだ先が見えない状況が続いています。

私自身は、コンクール以降楽器触っていません。

この間コンクールも全国大会の出場団体が続々と決まってきていますね。市吹も来年も出場するのか?運営担当による曲探しが進められているとかいないとか…

さて、家の中を整理していたら、昔の定期演奏会のパンフレットや写真が出てきました。昭和63年(1988年)第13回のものです。曲の選曲も時代を感じます。写真もほぼ同じ時期のものかと思います。当時初声中学を全国大会へ導いた土屋和彦先生が私と一緒にトロンボーンで出ています。私がユーフォニアム でなくトロンボーンを吹いているのは珍しいのですが、土屋先生と一緒に吹いたとは記憶にありませんでした。

土屋先生には、玉川学園中・高の指導のかたわら、今でも市吹の指導でもお世話になっています。

 

2021年8月22日横須賀市の陽性者 連日の100人超え

(67 views)

先週お伝えしたとおり、陽性者の増により市の施設が8月14日から休止になり、市吹の練習もしばらくお休みです。

本日の市の発表によると、2日連続して陽性者が100人を超えたため、明日から図書館、美術館や公園なども休止になるとのことです。市吹が演奏したことのあるソレイユの丘も含まれています。

昨日からは、市長自らが、防災無線で外出の自粛や感染防止の徹底を訴えています。

1週間の陽性者数の合計が100人を切らないと施設の再開はないと言うことで、いつ練習ができるか先が見えない状況です。

ワクチン接種終わっていても感染の可能性があると言うことで、今まで以上に注意しながら1日も早い収束を願っています。

2021年8月14日コンクールジャッジペーパー届きました

(193 views)

コンクールのジャッジペーパー届きました。

そのまま載せることはできませんが、点数で言うと皆さん10点満点の7点、8点をつけていただきました。

金賞団体は、ほとんど9点10点なので、その実力差は明らかです。

しかしながら、審査員の方々の講評をみると 元気のよい、力強い、パワフル、楽しい と言ったお褒めの言葉が並んでいました。

中には、指揮者の服装もあるのか、家系吹奏楽団 濃い演奏と評していただいた方もいらっしゃいました。

また、当日の役員として参加されていた方からも、「心から楽しんでいる演奏にグイグイ引き込まれました。立ち上がってブラボーと叫びたかった」と興奮した様子でこのホームページを通じてメッセージいただきました。

皆さん、本当にありがとうございました。

 

さて、今週はもともと練習お休みでしたが、横須賀市から陽性者の大幅な増加を受けて施設を休止するとの発表がありました。

1週間の陽性者数が100人を割らないと施設貸出の再開はなさそうです。

せっかくコンクールで盛り上がったところの練習休止は残念です。早く陽性者数が減ることを祈っています。

2021年8月8日コンクール銅賞でした。

(318 views)

本日、カルッツかわさきにおいて開催された吹奏楽コンクール職場・一般の部、20年ぶりに出演しましたが、残念ながら結果は銅賞でした。

コロナ禍の影響で演奏を発表する場がなくなったため、コンクールにでも出てみるかということからの参加でした。

市吹らしく楽しくさらに爆演をと言うことで、結果的には銅賞でしたが、かなりのインパクトを与えることができたのでは?

指揮者の服装も背中に龍の刺繍をあしらったチャイナ服。一つ前の団体の指揮者高田亮さんは大学の先輩に当たるそうですが、服装の派手さでは負けていなかったとの噂もあります。

来週は、練習もお盆休みとなりますが、その後はどのようなイベントを目標にしていくのでしょうか?乞うご期待!