recruit

第54回定期演奏会(予定) 客演指揮 福田昌範

fukuda

福田昌範(ふくだまさのり) / Masanori Fukuda
1962年広島県三原市生まれ。ユーフォニアム奏者

◆指揮者として
フレデリックフェネルコンダクターズマスタークラスで研鑚を積み、洗足学園音楽大学指揮研究所を修了。その後、第二回ユースバンドフェスティバル(シンガポール)、王立ノーザン大学(イギリス)、サルフォード大学(イギリス)を始め、国内外で演奏会やワークショップに招かれている。また、金管バンドの指揮者として、東京ブラスソサエティの指揮者に就任後、ブラックダイクバンド(イギリス)、グライムソープコリアリーバンド(イギリス)にて研鑚を積み、現在、洗足学園音楽大学ブリティッシュブラス企画運営責任者を務めている。指揮を、汐澤安彦、河地良智、秋山和慶、D.ボストックに師事。
◆審査員、バンドディレクターとして
第6回国際バンドフェスティバル(シンガポール)にて国際コンクールの審査員を務めるなど、国内外のコンテストで審査を行なっており、バンドディレクターとして、ワークショップをシンガポール、香港、日本などで行なっている。また、2010,2012年には、古河シティウインドオーケストラを指揮し全日本吹奏楽コンクールにて指揮者賞を受賞。指導者としても多くのバンドを全国大会に導いている。
◆ユーフォニアム奏者として
玉川大学文学部芸術学科並びに同専攻科を首席で修了。第3回日本管打楽器コンクール入選、第6回同コンクール第三位を受賞。ユーフォニアムカムパニーの一員として渡米し、世界ユーフォニアムテューバカンファレンスにゲスト出演。その後、シンガポールウインドスターズ、東京佼成ウインドオーケストラ、シエナウインドオーケストラ、東京交響楽団のエキストラ奏者として、演奏会やレコーディングに参加する。ソロCD【Peace★Piece】は異例のロングセラーを記録している。ユーフォニアムを三浦徹氏に師事。
◆作編曲者として
作品がシンガポールや全日本アンサンブルコンテスト、各地の吹奏楽コンクールなどで取り上げられており、作品は、ブレーン株式会社、すみやバンドイン、ウインズスタイルなどから出版されている。作曲を故谷本智希氏に師事。
◆教育者として
公立中学校、公立高等学校の教諭を経て、現在は、洗足学園音楽大学、聖徳大学(音楽教室)、埼玉県立松伏高校音楽科、にて後進の指導にあたっている。
公式WEBサイト:http://www2u.biglobe.ne.jp/~dafee/

横須賀市吹 指揮歴
2017年6月4日
第54回定期演奏会(開催予定)

第54回定期演奏会(予定) 客演指揮 波田野直彦

hatano

波田野直彦(はたのなおひこ) / Naohiko Hatano
1960年東京都町田市生まれ。作曲家・編曲家・指揮者。

大正から昭和にかけて日本における西洋音楽史を語るには欠かせない日本初の洋楽楽団「ハタノ・オーケストラ」主宰,故波多野鑅次郎を祖父に持ち、そのDNAを受け継ぐ。
玉川学園高等部,東京音楽大学器楽科卒業。玉川学園在学中に全日本吹奏楽コンクールにて3年連続金賞受賞。音大在学中より演奏家として活動を始め数々の楽団にて研鑽を積む。
後に編曲も手掛け、特に管楽器を主体とした編曲作品を多数書き下ろす。その華麗な独特のサウンドは「ハタノワールド」などと賞され出版され世界的に演奏されている。特にアジア圏においては絶大な人気となり度々客演指揮者としても招聘されている。
またアルバム「ルパン三世:Rebirth」では自身が率いるブラスセクションにてレコーディング参加。マスター紛失で聴く事が出来なかった山下毅雄の71年当時の山下毅雄のサウンド(ルパン三世 1stシリーズ)を現代に見事に蘇らせてみせた。
2000年にポップス吹奏楽団「ザ・ウインドウエイブ」を立ち上げ音楽監督・指揮者として活動中。
全日本ジャズポップスコンテストなどで審査員を務める。現在玉川学園講師。同吹奏楽団顧問。玉川大学吹奏楽団指揮者兼顧問。ザ・ウインドウエイブ音楽監督指揮者

◆レコーディング
「ワールドポップ・イン・ブラス2000」(キング)。
「ルパン三世:Rebirth」(VAPレコード)。
ゲーム「コナミ・アカデミーアワード」(東京国際フォーラム)音楽プロデュース。
NHK連続TVドラマ「てるてる家族」主題歌「Blue Sky Blue」吹奏楽編曲(SONY MUSIC)。
「ブラバン!エイベックス」(avex)東京佼成ウインドオーケストラ。
「ブラバン!タイガース」(日本クラウン)東京吹奏楽団
◆主な吹奏楽作品
●「ラプソディ・イン・ブルー」
●「ドレミ」
●「Another Symphony No,5」
●「くるみ割り人形」(ブラームス1番)
●「FANTASMIC!」(P.Dukas 魔法使いの弟子)
●「Ode to Joy」(ベートーヴェン第九交響曲第4楽章)
●「仮面舞踏会」
●「キラキラ☆星」
●「HEART BEAT」加藤ミリヤ(コカ・コーラ×ロンドン・オリンピック2012キャンペーンソング)
●「海角七号」台湾映画音楽吹奏楽編曲
● WASBE国際吹奏楽会議 開会式公式テーマ曲
●「賽徳克・巴莱」台湾映画音楽吹奏楽編曲
●「パガニーニ バリエーション」
●トヨタ・ダイハツ・NOKIAなど企業CF音楽制作。
● 東日本大震災復興支援曲「SOMA FANTASY」作曲
◆指揮活動
●玉川学園吹奏楽団海外公演(豪州・台湾・欧州)編曲指揮
●トヨタ・ダイハツ・NOKIAなど企業CF音楽プロデュース。
● 東京音楽大学創立100周年記念講演にて編曲指揮
● 東京藝術大学「Jazz in 藝大」指揮
●横浜開港150周年記念事業「船の音楽」編曲指揮
●2010年嘉義市国際音楽節にて指揮
●2011年WASBEin TAIWAN(国際吹奏楽会議)指揮
●2012年台湾国家音楽ホールにて欣響wind orchestra 客演指揮
●2013年ウイーン青少年音楽祭にて指揮
●2014年トゥーバ共和国音楽フェスティバルにて審査員、指揮

横須賀市吹 指揮歴
2017年6月4日
第54回定期演奏会(開催予定)
2014年12月7日
第29回ウェルシティ・コンサート

第53回定期演奏会 客演指揮 天野正道

天野正道(あまのまさみち) / Masamicz Amano
1957年秋田県生まれ。作曲家・編曲家・指揮者。

映像音楽・現代音楽・歌謡曲・Jazz・演歌から吹奏楽まで、節操無く書く作曲家・指揮者。最近は自作曲だけでは飽き足らず他人の作品までずうずうしく指揮する。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版「破」「Q」、ベルセルク、MAGIなどでは音楽担当の盟友、鷺巣詩郎氏作品のオーケストラアレンジを担当。ワルシャワフィルとのセッションでは指揮も担当する。
また、SEGA主催による「ファンタシースター25周年記念シンパシー2013」の音楽監督、オーケストラアレンジ、指揮を担当する。
演奏は東京フィルハーモニー交響楽団(於日比谷公会堂)。2015年1月公開の映画「マエストロ」では練習シーンの音楽(その殆どが運命と未完成)や上野耕二氏書き下ろしの複雑な現代曲の指揮をする。コンサートシーンの演奏は佐渡裕氏が担当。
2007年開催第62回秋田わか杉国体、2008年開催第59回全国植樹祭音楽総監督、2014年第29回国民文化祭の音楽総監督を務めつつ、作、編曲、監修、指揮をする。
何故か国立音楽大学作曲科首席卒業、同大学大学院作曲科創作専攻を首席修了しており、第23回(おもちゃ)24回(バトルロワイアル)日本アカデミー賞優秀賞受賞、第10回日本吹奏楽学会アカデミー賞受賞(作、編曲部門)などもしている。
今まで作品を提供、共演、指揮した中にはロンドン交響楽団、ポーランド国立ワルシャワ交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ハリウッドエンジェルシティオーケストラ、東京佼成ウインドオーケストラ、シエナ・ウインド・オーケストラ、スティービー・ワンダー、オフラ・ハザ、矢沢永吉、X-Japan YOSHIKI、布施明、伊武雅刀、などがいる。

横須賀市吹 指揮歴
2016年7月3日
第53回定期演奏会(創立35周年記念演奏会)

第52回定期演奏会 客演指揮 佐川聖二

sagawa

佐川聖二(さがわせいじ) / Seiji Sagawa
秋田県秋田市生まれ。クラリネット奏者、指揮者、吹奏楽指導者。

山王中学校吹奏楽部でクラリネットに出会う。
秋田高校を経て、東京藝術大学器楽科に入学。
1975年、同大学院に進み、1976年に東京交響楽団に入団。
1977年同大学院修了。
1980年、文化庁海外研修員としてウィーンに1年間留学。
北爪利世、千葉国夫、三島勝輔、アルフレート・プリンツに師事。
2001年6月、25年間首席クラリネット奏者を務めた東京交響楽団を円満退団し、現在は尚美学園大学講師、秋田大学非常勤講師を務めるほか、 フリーランスの室内楽・ソロ奏者として活躍中。
1995年に東京交響楽団の首席奏者らと結成した「佐川聖二クラリネット五重奏団」 での演奏会やCDアルバムの録音など、精力的に活動を行っている。
また、東京交響楽団在団中より、高校・大学・市民吹奏楽団の指導にも力を入れており、退団後も引き続き行っている。

横須賀市吹 指揮歴
2015年4月19日
第52回定期演奏会

第51回定期演奏会 客演指揮 土屋和彦

tsuchiya

土屋和彦(つちやかずひこ) / Kazuhiko Tsuchiya
神奈川県藤沢市出身。学校教員・吹奏楽指導者

中学、高校と吹奏楽部で青春を謳歌し「教え子を全国大会に連れていく」という夢を抱いて、玉川大学文学部芸術学科に進学する。大学卒業後、神奈川県三浦市立初声中学校に音楽科教諭として着任し、翌年、吹奏楽部を創設する。
平成9年度、10年度と二年連続で同校吹奏楽部を全日本吹奏楽コンクール出場に導き、神奈川県の中学校としては初めて金賞を受賞する。
平成11年度より現在の玉川学園中学部に勤務。
合奏法を山本武雄氏、トロンボーンを箱山芳樹氏、指揮法を飯森範親氏に師事。
東京都中学校吹奏楽連盟常任理事。

横須賀市吹 指揮歴
2015年11月15日
ショッパーズプラザ横須賀
2014年5月25日
第51回定期演奏会
2014年11月3日
日本丸吹奏楽演奏会

第50回定期演奏会 客演指揮 松尾 朗

松尾 朗

松尾 朗(まつおあきら) / Akira Matsuo
富山県出身。トロンボーン奏者、吹奏楽指導者。

3歳よりエレクトーン、10歳よりトロンボーンを始める。
富山県立呉羽高等学校音楽コースを経て東京音楽大学器楽学科トロンボーン専攻を卒業。
高校在学中、富山県青少年音楽コンクール器楽部門優良賞受賞。
大学在学中、東京芸術の森劇場「ラ・ミューズ」新人推薦演奏会オーディション合格、新人演奏会に出演。M.Dee スチュアート氏のレッスンを受講。
同大学金管卒業演奏会に出演。
2001年に渡独、さらに研鑽を積む。
「レインボウ21サントリーホール・デビューコンサート」「富山新人演奏会」「ログハウス・コンサートシリーズ」などの数々なコンサートに出演。
トロンボーンを伊藤清、故白石直之、和田美亀雄、藤沢伸行、室内楽を山本孝、林昭世の各氏に指事。
現在はトロンボーン奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽を中心に演奏活動を行うほか、各地の演奏会にゲスト出演している。
「COSMOS WIND ENSEMBLE」、Brass Quintet「シロ合奏団」のトロンボーン奏者。
また、吹奏楽の指揮者・指導者として横浜女学院中学・高等学校吹奏楽部指揮者をはじめ、埼玉県を中心に数多くの吹奏楽部・吹奏楽団の講師を勤める。

横須賀市吹 指揮歴
2016年12月18日
チアフルウィンターコンサート
2015年12月13日
子協クリスマスの会
2013年5月12日
第50回定期演奏会
2012年5月20日
横須賀アートフェスティバル(ショッパーズプラザ横須賀)
2011年9月11日
第18回ウェルシティーコンサート
2011年5月15日
横須賀アートフェスティバル(ショッパーズプラザ横須賀)
横須賀市吹 出演歴
2012年10月21日
第27回ピースフェスティバル

立花幸司

立花幸司

立花幸司(たちばなこうじ) / Koji Tachibana
トンランペット奏者、吹奏楽指導者。

10歳からトランペットを始める。
日本大学第二高等学校から洗足学園短期大学音楽科を経て、洗足学園大学音楽学部卒業。
同短大卒業演奏会に出演し優秀賞を受賞。
第61回読売新人演奏会に出演。
93年東村山新人演奏会に出演。
トランペットを野崎明宏、津堅直弘の両氏に師事。
吹奏楽指導法を故久保修平、故アルフレッド・リード、故藤田玄播、小倉利文の各氏に学ぶ。
現在、演奏活動のほか、小学校・中学校・高等学校・大学等吹奏楽部の指導者として活動中。
ル・ジョア・ウインド・アンサンブル団員。
株式会社ヤマハミュージックジャパン委託講師。
日本吹奏楽指導者協会会員。東京都高等学校吹奏楽連盟理事。

横須賀市吹 指揮歴
2015年6月14日
第39回市民音楽のつどい
2014年6月15日
第38回市民音楽のつどい
2013年8月17日
はまゆう会館30周年記念オープンデー

木下恵一 / Keiichi Kinoshita

Kinoshita.jpg

木下恵一(きのしたけいいち) / Keiichi Kinoshita
北海道出身。学校教諭・吹奏楽指導者

中学校と大学でユーフォニアム・チューバを担当する。
英語科教諭として中学校で教職を始めて以来、、吹奏楽部の無い学校での勤務が続き、横須賀市立公郷中学校で始めて吹奏楽部顧問を担当する。
公郷中学校を東関東吹奏楽コンクールへ導き日本管楽合奏コンテスト全国大会へも二回の出場を果たす。
その後は横須賀市立鴨居中学校の顧問を務め、東関東吹奏楽コンクールへの出場を決め好評を博した。
2016年4月からは横須賀市立大津中学校へ赴任。新天地の吹奏楽部で指導を行っている。
現在は横須賀市立大津英語科教諭・同校吹奏楽部顧問。

横須賀市吹 指揮歴
2014年2月23日
第30回横須賀音楽祭
横須賀市吹 出演歴
2014年5月25日
第51回定期演奏会
2014年2月23日
第30回横須賀音楽祭

楽団の紹介